2014年04月21日

和邇の山荘修復bQ

4/18に収納ケース他一部部材・機材搬入。
4/20和邇の山荘修復bQ実施。
この日はボランティア仲間の2名が応援してくれました。
(大阪の武ちゃん・何と東京から本多さん)
予定通り6畳間の床貼りを実施しましたが、順調に進んだので8畳間も実施。
途中で2部屋を仕切っていた間取りでしたが、大人数で使い易くする為に広間として仕切りをなくして一部屋にする事にしました。
床は前回に引き続いて同じ床材(フローリング材)です。 (平井さんからご提供いただきました)
少々レトロな感じですが、貼ってみるとそうでもないです。 (本人納得です)
床はコンパネ+断熱材+フローリングで仕上げました。
これで、床からの冷えは凌げそうです。

13:30まで連続で作業し、最後少し部材が不足しましたが・・・・
「こんなもんじゃ」で不足した部分は余った部材と武ちゃん提供のコルク材で仕上げ。
まだ、細かな部分の仕上げは残っていますが、何とか部屋として使えそうです。
(寝れるぞ・・・シュラフ持参になりますが・・・)

少し掃除をしてまったりと出来上がった部屋で昼食!!  落ち着きます!!
DSC_0319.JPG

そして完成した部屋の様子です。
DSC_0320.JPG

作業中の写真
DSC_0318.JPG

東京から駆けつけてくれた本多さん 感謝・感謝!!
10253841_623588237727997_8509466333448199480_n.jpg

大阪の武ちゃん 頼りになります。
1907592_623588501061304_6393086379747270894_n.jpg

そしてトッピー!10002920_623588011061353_4527435546317305275_n.jpg

次回は、洗面所・風呂への廊下の床を剥がして乾燥させます。同時に補修材の確認そします。
それと残っている8畳間の縁側の床貼り、納屋の掃除&収納。
時間の都合で可能なら、山荘までの道路整備(山荘まで車が入れないので)。
刈払機とチェーンソーを持って行きます。

posted by トッピー at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。